空間の魔術師|狭小住宅でマイホームの夢が叶う

ウーマン

空間作りに工夫する

間取り図

明るく広々暮らす

密集地域の狭小住宅場合は外からの視線が気になりますし、周りの建物に遮られて光があまり入ってこないという悩みがつきものです。そんな狭小住宅は、2階にリビングを設けて日照や眺めのよい所を家族が集まるリビングにすることで、居心地良い家を作ることができます。職場や学校に出かける家族のプライベートルームは寝るだけの部屋と割り切り、普段家にいる人の居心地を優先させるプランです。この場合お客様を迎える時、玄関から入って2階リビングまでの動線には配慮が必要です。1階にプライベートスペースを展開するなら、外階段を設けた2階玄関にする方法もあります。1階に玄関を設ける場合は玄関ホールからすぐに階段を上がって2階へつながる間取りを考えましょう。お客様や普段の家族の生活も考えてトイレもどこに設置するか考慮したいものです。また、上下の移動を最小減に抑える家事動線にも配慮が必要です。料理するキッチンと洗濯をするランドリースペース、洗濯物を干す場所などの位置関係は作業がスムーズになるよう吟味しましょう。外部空間を上手に利用することで、狭小住宅の部屋を広く見せることができます。最近人気のウッドデッキはリビングのフロアの高さと合わせてひと続きの空間に見せるため、室内からの視線をさらに外までのばし、屋外の空間も室内の1部のような錯覚を起こさせて、広がり感を強調します。2階にリビングがある狭小住宅は、もう1部屋増やす感覚で広めのバルコニーをしつらえるのもおすすめです。

間取り

建売の家の良さとは

大阪で家を建てるのに簡単な方法といえば、家と土地がセット売りになっていて価格もお得な分譲住宅ではないでしょうか。時間的にも注文住宅より圧倒的に早いですし、手続きの煩雑さでも有利ですから、煩わしいのが嫌だという人や時間のない人にもお勧めです。

一軒家

中古でお得に購入

大阪市内の人気エリアで新築一戸建てを購入しようとすると、かなり高額な費用が必要となります。予算内に収めたいのであれば、中古一戸建ても検討してみましょう。最近はリフォームをして中古であっても、新築同様キレイな物件も少なくないようです。

部屋

人気の政令指定都市です

相模原市は政令指定都市に認定されている大都市の一つで、非常に住みやすい都市として高い人気となっています。相模原市では様々な不動産が販売されているので、多くの不動産情報を入手してから、購入する不動産を決めましょう。